不動産を共有名義で相続することの問題点とは / へいわ法務司法書士事務所

へいわ法務司法書士事務所 > 相続 > 不動産を共有名義で相続することの問題点とは

不動産を共有名義で相続することの問題点とは

不動産を所有している方がお亡くなりになり、相続人が複数人いるといった場合では、不動産を相続人で共有する形で相続が行われることがあります。

もっとも、このような相続方法にはいくつかの問題点があります。

今回は、不動産を共有名義で相続することの問題点について解説していきます。

 

相続とは

 

相続とは、ある方がお亡くなりになった際に、その方が生前有していた権利・義務を相続人の方が承継することをいいます。

相続人には、お亡くなりになった方の配偶者や子、両親等の直系尊属の方、兄弟姉妹といった方などが該当する可能性があります。

相続の対象になる財産のことを相続財産といいます。

この相続財産には、原則として、お亡くなりになった方が生前有していた権利・義務が全て含まれるため、現金や預金に加えて、株式や借地権、知的財産権、借金などの債務も相続財産に該当し、相続の対象になります。

 

共有名義の不動産が抱える問題点

 

①不動産の売却や賃貸が困難になる

不動産が他の相続人と共有状態にある場合、この不動産を売却したいといった場合であっても一部の相続人の一存によって売却ができるわけではなく、その不動産を共有する相続人全員の同意が必要になります。

また、不動産を他者に賃貸したい場合も勝手に行うことはできません。

 

②管理費や固定資産税の負担についてもめる可能性がある

相続によって取得したものであっても、不動産である以上、固定資産税の支払いが必要です。

また、不動産を管理・維持する上では、当然のことながら、管理費や維持費が必要になります。

このような費用をどのように捻出するかといった点について、不動産を共有する相続人間で争いとなることも少なくありません。

 

③不動産を使用するにあたって賃料の支払いが必要になる場合がある

通常、不動産を単独で相続する場合には、その不動産全体が自己の物となるため、賃料を支払う必要はありません。

もっとも、共同相続によって不動産が共有状態にある場合には、不動産全体が自己の物となるわけではなく、各相続人の相続分に応じた持ち分の範囲で不動産を所有するにすぎません。

この結果、自己の持ち分を超えて不動産を使用する場合には、他の相続人に対して賃料を支払わなければならなくなる可能性があります。

 

相続に関するお悩みはへいわ法務司法書士事務所におまかせください

 

今回は、不動産を共有名義で相続することの問題点について解説していきました。

へいわ法務司法書士事務所では、不動産問題に関するご相談を受け付けております。

お困りの方はお気軽に一度ご相談ください。

へいわ法務司法書士事務所が提供する基礎知識

  • 相続財産の調査方法

    ■相続財産調査とは相続財産調査とは相続にあたり、相続の対象となる財産は何が存在するのかを調べることをいいます。...

  • 家族信託に必要な手続...

    ■家族信託とは家族信託とは、認知症や病気等によって、自身の財産の管理をするのが難しくなった時に備えて、自身の財...

  • 自筆証書遺言の方式緩...

    2019年1月13日、自筆証書遺言に関する改正相続法が施行されました。これを皮切りに多くの改正相続法が順次施行...

  • 法人登記|司法書士へ...

    ■法人登記(会社設立登記)とは法人登記(会社設立登記)とは、設立する予定の会社(法人)について法務局に登録し、...

  • 役員変更登記|手続き...

    会社の役員が変わった時だけでなく、変わらなくても、役員の任期が満了するたびに、役員の変更登記が必要になります。...

  • 任意後見人を選ぶとき...

    成年後見制度を利用することで、法律行為の代理など法的なサポートを受けられるようになります。このうち任意後見制度...

  • 会社の設立・変更登記

    まず、会社登記とは、会社の存在・内容を登記簿に記載することによって、かかる事項を公示する制度です。株式会社を例...

  • 成年後見制度とは

    成年後見制度は、法定後見と任意後見の二つの制度に分かれています。しかし、基本的にその両制度を同時に使うことはあ...

  • 遺言を音声・動画で録...

    遺言を音声や動画で録音した場合、有効となるでしょうか?結論から申し上げると、遺言を音声や動画で録音した場合、そ...

  • 未登記建物を相続した...

    登記簿には、不動産の物理的な情報を記載している「表題部」と、不動産の権利に関する事項を記載している「権利部」の...

よく検索されるキーワード

代表司法書士紹介

依頼者と依頼者の大切な人の穏やかな暮らしを守る。

代表司法書士
山内 勇輝(やまうち ゆうき)
ご挨拶

はじめまして。へいわ法務司法書士事務所の代表司法書士、山内勇輝です。

弊所は相続手続をはじめとして、不動産、会社、成年後見、裁判などの様々な手続を通じてご依頼者の皆様がトラブルに巻き込まれる前にこれを防ぐ“予防法務”を得意としております。

これらに関する手続を行う前に一度弊所に相談してみませんか?
たったこれだけであなたやあなたの大切な人がトラブルに巻き込まれることを防ぐことができるかもしれません。

初回相談はすべて無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。
あなたからのご連絡を心よりお待ちしております。

所属団体
  • 大阪司法書士会(登録番号 大阪 第3747号)
  • 簡裁訴訟代理等関係業務認定 第912127号
  • 公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート 会員番号6112651
経歴
  • 大阪府豊中市出身
  • 大阪府池田高校卒
  • 大阪市立大学法学部卒平成21年、吉村司法書士事務所(中央区)に入社し、金融機関、税理士、不動産事業者向けサービスなど幅広い司法書士業務を数多く担当。
  • 平成31年1月、これまでに得た経験とノウハウを生かし、へいわ法務司法書士事務所を立ち上げ、各種の取扱業務(相続手続、遺言書作成、生前対策、成年後見業務、不動産登記、動産債権譲渡登記、商業法人登記など)を通じて、依頼者が紛争に巻き込まれる前に問題を防ぐ「予防法務」に取り組んでいる。
  • 趣味は野球やゴルフ。投資にも興味を持っており、隠れた優良企業を探し出し応援することを楽しみとしている。

事務所概要

事務所名 へいわ法務司法書士事務所
代表者名 山内 勇輝(やまうち ゆうき)
所在地 〒542-0063 大阪府大阪市中央区東平2丁目5番7号 上六ビル701
電話番号/FAX番号 (TEL)06-6191-7700 (FAX)06-6191-7701
受付時間 月~日 8:30~21:00 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ